がべのWP練習帳

日々のあれこれをWPの練習がてら書くブログ

DBをギャグ漫画と見るかバトル漫画と見るかで評価がわかれそうなジャコ

      2015/09/01

ついに先月からアニメで「ドラゴンボール超(スーパー)」が始まったわけですが、僕はもろもろの都合でまだ観れていません。

でもOPテーマが元イエモンの吉井さんという事で気になって調べてみたら、なんとかOPだけ観る事ができました。

見間違いじゃなければ、その映像の中に、ジャコがいたように思います。

ジャコとは、鳥山明先生の最近の短編連載作品で、もしかしたらあの辺からDB復活のプロジェクトが始まってたんじゃないかっていう漫画です。

発表当初の意見が「面白い」「面白くない」で分かれているのは当然ですが、どうも「鳥山っぽい」「鳥山っぽくない」みたいな意見もあって気になっていました。

というのも、僕個人としては、ジャコ・ティリメン・テンピボッシという主人公の名前から、世界観、ギャグの感じまですごく往年の鳥山ワールドな感じがしていたからです。

そこでふと思ったのが、ドラゴンボールという作品に触れた年代の違いによって、評価に差が出るんじゃないか?ってこと。

僕らみたいなおじさん世代は、アラレちゃんやその他の短編からの流れがあってドラゴンボールに入ったので、あのなんとも言えない独特な鳥山ワールドを楽しんでいたんじゃないかなと思うんです。

たとえば初期天下一武道会のバクテリアン選手とか、レッドリボン軍とか、初代のピッコロ大魔王戦あたりってシリアスでありながらもどこかギャグっぽさが残っている絶妙なバランスだったじゃないですか。

バトル要素ありの「ギャグ漫画」だったと思うんです。

人が死んでるのにギャグってのもどうかとは思いますがw

それに比べて、サイヤ人編以降はバトルの要素が強かった気がするんですね。

ブウ編で若干ギャグ要素を戻しつつも、なんとなく楽しんで描いてなさそうな感じもあったり。

って、読み手の勝手な予想ですけどね。

そこらへんから入った人は、もしかしたらドラゴンボールの事をギャグ要素ありの「バトル漫画」と思っているんじゃないかなと。

これは映画「神と神」が公開されたときも同様でした。

「バトルシーンが少ない」と不満を漏らしている人がいるのを見て、僕らおじさん世代は「別にいんじゃね?」と思ったんじゃないでしょうか。

個人的にはビルス様のデザインからキャラクター、ウィスの立ち位置とかもとっても鳥山ワールド全開だったなと感じています。

話がそれました。

とにかくジャコの世界観は当時の鳥山先生の短編漫画にあるようなギャグとシリアスの絶妙な感じ、あの懐かしい感じが楽しめたよなぁ、とふと思い出して記事を書いてみました。

(どちらが正解、という話ではないと思っています)

ジャコの最後がDBに繋がっている、というのはファンへのサービスみたいなものなのか、それとも一連のDB復活に向けての戦略だったのかはわかりません。

でも「ドラゴンボール超」というタイトルにジャコが絡んでくるのであれば、あれもDBの亜種なのかもしれないですね。(観られてないからジャコが出てきているのかもわからんw)

いずれにせよここにきての鳥山先生の勢いにはワクワクが止まりません。

追記

ウィスの懐かしい感じって、ブルー将軍なのかな

ドラゴンボールヒーローズ【ウィス】

 - 漫画 , ,

Adsense

Adsense

  関連記事

ワンピ78巻 | ドレスローザ編はドフィの魅力が詰まってたよね

前巻の壮絶なハードボイルドバトルから早3か月、ついに新刊きました。 表紙はアラバ …

進撃の巨人17巻、引きがうますぎて早く次の巻が読みたいコミックス派

各所で映画版の評価がボロクソの進撃の巨人も最新刊が出ました。 「最近の展開、グダ …

ニキ・メノンがクッソ可愛い【テンプリズム】

  マンガボックス、毎日楽しく読ませて頂いてます。 そんなマンガボック …

正直、哀ちゃんが不憫でならない。| 名探偵コナン

コナンの哀ちゃんて、すっごい不憫じゃないですか? もう読むたびに可哀想になってき …

いろいろツッコミどころはあるけど気になる【強制ハーレム契約】

主人公「新井遥」が観た予知夢、それは姉の蓮と、同じ高校に通う五大美少女「瀬戸五歌 …

サイコろまんちか最終回 | 良かった、加野くんは作者に愛されてた

先週末の更新で、マンガボックスで連載されていた「サイコろまんちか」が終わりました …

黒部小夜ちゃんが可愛すぎる | 猫かぶり小夜曲(角野ユウ)

「ジャンプ+」毎日楽しく読ませていただいてます。 やっぱり天下の少年ジャンプのア …

加野くん辛過ぎだろw【サイコろまんちか】

マンガボックスで、もうずっと楽しみなのがこの漫画です。 元は月刊少年ライバルとい …

the Five Star Stories XIII、結局みんなワクワクしたよね。そして面白かったよね。

実に9年ぶりの新刊。待ち望んでいました。 the Five Star Stori …

完結してから読み始めたナルトの魅力は綱手とお色気の術

ナルト、面白いですね。 ほんと、なんで連載している時に読まなかったんだろうと後悔 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください