がべのWP練習帳

日々のあれこれをWPの練習がてら書くブログ

生後8か月の子を連れて広島まで千葉から5時間かけて行ったお話

   

先日、広島に住む友人の結婚式に招待されたので生後8か月の子を連れて行ってきました。

正直無謀かなとも思ったのですが、案の定無謀でした。

というか、子供が可哀想だった。

一応事の顛末を記しておきます。ご参考までに。

電車+新幹線=片道5時間の長旅

一番の心配事だったのが、これです。

まだ8か月なので電車も最長で30分しか乗せた事はなかったですし、絶対途中で飽きちゃうよなーと。

でも意外と新幹線では大人しく膝の上で遊んでいてくれました。

周りの人も結構優しくて、目が合うとお互いにっこりして、みたいな感じで助かりました。

もちろん途中で眠くなってしまってグズり始めましたが、さっとデッキ?のところに移動してゆらゆらしてあげてたら寝てくれて。

とは言っても1時間も2時間も寝てくれるわけじゃないですけどね。
それでも「移動は意外となんとかなるんだなぁ」といった感じ。

新幹線にはおむつ替え用のトイレスペースがあるのも助かりました。

あと、ベビーカーも持って行ったんですが、一番後ろの席の後ろに空いているスペースがあったので車掌さんに確認してそこに置かせて頂きました。

ホテル~ベビーシッターさん

子供も自分たちも疲れるだろうと思って、ホテルは式場と同じところにさせて貰いました。

そこで式の間だけシッターさんに見てもらう事に。

御願いしたのはこちらの派遣型ベビーシッターサービスです。

ママハウスKAKa

ホテルの部屋に来てもらったのですが、幼稚園の先生をやっていたというベテランのシッターさんが来てくれて、最初のやりとりだけで安心して預けられそうだなと思えました。

案の定、途中で大泣きしたそうですが、夕飯もちゃんと全部食べられたみたいで助かりました。

披露宴

で、ここで一つミスをやらかしまして、大事な披露宴の最中にベビーシッターさんの終了時間が来てしまったんです。

というのも、披露宴の時間を30分ほど勘違いしていたんですね。

結局披露宴を途中で抜け出して、迎えにいって、その後会場の外で待たせて貰う事に。

そしたらたまたまお色直しが終わった新郎新婦と鉢合わせて、

「もしそちらが嫌じゃなければ赤ちゃんも一緒に中に入っていいよ!」

と快く言って戴いたのでお言葉に甘えて参加させてしまいました。

(あとあと考えたら、あの場で新郎新婦側からは断れないよなー・・・と反省)

翌日の市内観光・食事

翌日はせっかくだからと広島市内を観光しました。

でも、8か月の子には何のこっちゃわからないだろうし、色々連れまわして逆に可哀想だったなと。

でもって全然こっちも集中して楽しるわけでもないし。

せっかく広島に来たんだし、お好み焼きでも食べようと思っても、赤ちゃんを連れて入っていいものかどうか悩んだりして色々と決め兼ねました。

まとめ

というわけで、もしかしたら「あたりまえじゃねーか」と思われるかもしれませんが、赤ちゃん連れでの遠出旅行はやめておいた方がいいなと思いました。

移動には問題なくとも、やっぱり現地で楽しめないから旅行とは言えないですし。(今回は別に旅行ではなかったけれども)

それに赤ちゃん自身が疲れちゃって可哀想ですよね。

だから「沖縄とかグアムぐらいなら連れていけんじゃないか!?」みたいに思ってましたが、ちょっとやめとこうと思いました。

あと、本人たちが快くOKしてくれたとはいえ、赤ちゃん連れでの披露宴は(親族ならまだしも)あまり良くないですね。

おそらく事前に確認してもNGとは言いづらいだろうし、こちらが連れて行かない選択をするのがスマートだと思いました。

追伸

妻が妊娠中のたまごクラブに、産まれてすぐぐらいの子を連れてNYに仕事で行ったりきたりしているというバリバリOLなママが載ってたので「いけんのかな!?」って思いましたが、その人がたぶん凄い人だったんです。たぶん。

 

 - 子育て, 広島, 旅行

Adsense

Adsense

  関連記事

セブンのマルチコピー機の印刷だとパスポートの証明写真には向かない

もうすぐ1歳になる息子を、義理の両親(祖父母)が旅行に連れていきたいというので、 …

9か月になる息子をディズニーランドに連れて行った。楽しめたこと、楽しめなかったこと、注意点

息子が9か月になり、兼ねてより義両親が連れて行きたいと言っていたディズニーランド …

子供が欲しいなら、迷ってないでいけよ!って話

もし、子供を作るか否か迷っている人がいたら、僕だったらオススメしちゃう。 そんな …

no image
6ヶ月の子供が喜んだ本「みかんオレンジ」(いっしょにあそぼ)

子供が生まれて、色々な方からお祝いを戴いています。 おかげでウチでは一切子供にお …

卒乳前にパパにも読ませたい絵本、「おっぱいばいばい(みついゆきこ)」

うちの子も、もうすぐ卒乳なんだなぁ、なんて思っていたら、ある日立ち寄った本屋さん …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください